オランダ・バロック ピックアップ名画

バロック・オランダ画家一覧

フランス・ハルス(1580-1666)オランダ/鮮やかな筆さばきは他の画家には見られない、笑っている人物画を多く描いた笑いの画家。 レンブラント(1606-1669)オランダ/大画面と光と影の明暗を明確にする技法が得意、人間の内面を描き出すオランダ黄金期の巨匠 ヤン・ステーン(1626-1679)オランダ/農民を描いた絵が有名、オランダ風俗画の代表者 ロイスダール(1628-1682)オランダ/オランダ絵画の黄金時代で最も重要な風景画家 フェルメール(1632-1675)オランダ/微妙な光の効果やものの質感を徹底的に描き分ける筆致、オランダ最高の写実画家

各画家の代表作品

陽気な酒飲み(1628-1630)フランス・ハルス 夜警(1642)レンブラント/人物の配置や光と影による効果など、画家の技法の集大成 真珠の耳飾りの少女(1665)フェルメール ワイク・バイ・ドゥールステーデの風車(1670-1675)ロイスダール 大人が歌えば子供が笛吹く(1663-1665)ヤン・ステーン
PAGE TOP